研修医VOICE ただいま後期研修中
千鳥橋トップページへ戻る
安里龍一 医師 聖マリアンナ大学(2014年卒) 岩崎貴士 医師 佐賀大学(2014年卒) 川田敦史 医師 兵庫医科大学(2014年卒)
佐々木拓也 医師 琉球大学(2015年卒) 津山泰子 医師 琉球大学(2015年卒) 新屋剛広 医師 琉球大学(2015年卒)
とつげきインタビュー
安里龍一医師へインタビュー
Ryuichi Asato

1.千鳥橋病院を選んだ理由は?

「福岡 家庭医」で検索し、ホームページから見学を申し
込みました。1日のみの見学でしたが、明るく元気な医師が
多いと感じました。4月から働き始めて、本当にイメージ通り
で安心し、良い同期にも恵まれ順調に研修をスタートさせる
ことができました!

2.後期研修では?

現在、総合内科をローテート中です。病棟やERのスタッフとも仲良くさせていただいています。病棟業務では初期研修とは違って、主治医として患者さんを受け持つので勉強になっています(責任もありますが指導医からのサポートもあります)。私は家庭医療専門医を取得するために千鳥橋病院を選びましたので、3年間は総合内科や救急、小児科、診療所での研修をおこないます。将来は実家の長野県で地域医療に貢献したいと考えています。

3.千鳥橋病院の魅力は?

やはり、指導医が教育熱心なところですかね!医局のみなさんが研修医に対して指導してくれますし、気軽にコンサルトができる環境があります。特に総合内科では幅広い疾患が経験できることと、毎週、後期研修医回診をおこなっているので、とても勉強になっています。他職種との関係も強く、いつも助けられてばかりです(ありがとうございます!)。

4.指導医がスゴすぎる!!

HPH情報センター健康づくり講座の様子
総合内科に尊敬している指導医がいます。そんな医師のようになりたくて日々、勉強しています。その指導医のスタイルをまねしながら、患者さんと同じ目線にたつことや親身になって考える事、そして、家族のことも診れる医師を目指して日々奮闘中です!もし、興味があれば一度見に来て下さい!(実物は写真よりイケメンですので要注意です!)