千鳥橋トップページへ戻る
先輩からのMessage 専門医VOICE
専門 病院総合医 伊藤 洋 Hiroshi Ito 熊本大学2012年卒/千鳥橋病院 総合内科〔ICU医長〕 所属学会/資格 ●日本内科学会 ●日本プライマリケア連合学会/家庭医療学後期研修プログラム修了

私にとって、ココが魅力!

診療所の一コマ
診療所での外来・往診、センター病院でのER対応、総合内科での病棟業務、NST/Nutrition Support Teamでの活動と様々なフィールドで役割を担っています。病棟では命の危機に瀕した重症の患者さんを受け持たせていただくこともあり、またある時は診療所で自慢のお孫さんのお話を聞かせていただく、そんなドラマのようなめくるめく毎日をおくっています。おかげでテレビ大好きだった僕は、今や全くテレビドラマを見ない人になりました(笑)。

私のやりがい!

やはり自分の関わった患者さんに「ありがとう」と言ってもらえた時ですかね。
人生の大先輩の患者さんに、先生に命を預けたよと言っていただける時、その思いに応えたい、頑張らねばと思います。

今後の野望!!

総合内科は他の科のように特化した専門をもたない科ではありますが、それはそのまま強みになり得ると考えています。つまり、人をみるプロセスで◯◯科という専門性から自由になれるということを意味します。まだまだ知識も技術も自信をもてませんが、これからも学びを深めて医師としての基礎の土台をしっかりと築き、様々な職種の方々と力を結集して、患者さんの抱える医学的、社会的な一筋縄では解決できないであろう難題に対して立ち向かっていければと思います。

最後に、今自分の目の前にいる患者さんに対して、果たしてどんなことができるのだろうかと自分なりに真摯に向き合って考え抜き、総合内科という広いフィールドで、泥臭く毎日の仕事を頑張っていきたいと考えています。そういった日々の中で自分にしかできない仕事をする、それが僕の野望かもしれません。
週間スケジュール
現在までのローテート

ページトップへ

専門 在宅診療 園田 梨絵 Rie Sonoda 琉球大学2010年卒/千代診療所〔在宅診療部長〕 所属学会/資格 ●日本内科学会/認定内科医 ●日本プライマリケア連合学会/家庭医療学後期研修プログラム修了 ●日本在宅医学会 ●日本緩和医療学会

私にとっての訪問診療ご紹介!

患者さんの歩んで来た数十年の人生まるごと受け止めて、その方にとっての幸せを一緒に考えること。患者さんの多くが高齢者でもあり、その方がその方らしく『亡くなる』ではなく『生ききる』ために自分たちにできること。そんなことを手探りで考えながら日々診療に当たっています。独りよがりにならずに済むのはいつでも相談に乗ってくれる先輩たちや、こんな私にいろいろと相談してきてくれる頼もしい後輩たちがいてくれるおかげです。
悩みはつきませんが、何気ないことで患者さんやご家族と一緒に笑える時間が大好きです。患者さんを知る材料がたくさん詰まった『在宅』というフィールドをぜひ、たくさんのみなさんに体感してもらいたいなと考えています。

訪問診療のココが魅力!

  • 患者さんの住み慣れた環境での療養を他職種と知恵を出し合ってサポートできる
  • 各科の専門医の先生に相談しながら診療ができる
  • たくさんの医師が訪問診療に関わってくれること

私のやりがい!

  • 家に帰ってきた患者さんやご家族の笑顔
  • 患者さんのこれまで歩んで来た人生について伺いながら、一緒にこれからのことを考える過程(いわゆるAdvance Care Planningの過程)
  • 他職種で協力して困難を乗り越えたときの達成感
  • 後輩たちが悩みながらも患者さんのために一生懸命な姿をみること(そのことを共有しサポートしていく)

これから、やりたいこと

  • 病気を抱えていても、患者さんがその方らしく過ごしていけるようサポートしたい
  • 在宅医療に関わるスタッフがいきいき働けるような環境を作っていきたい!
  • 在宅医療の良さや可能性を多くの人に知ってもらい、一緒に訪問診療の世界にどっぷり浸かってくれる仲間をみつけていきたい
週間スケジュール
現在までのローテート

ページトップへ

専門 僻地・離島 辻 隆宏 Takahiro Tsuji 自治医科大学2010年卒/宗像市国民健康保険  大島診療所〔所長〕 所属学会/資格 ●日本内科学会/認定内科医 ●日本プライマリケア連合学会(千鳥橋病院家庭医療学後期研修プログラムVer.2) ●日本東洋医学会 ●日本ペインクリニック学会 ●地域医療振興協会 ●ケアワークモデル研究会 ●日本医師会/認定健康スポーツ医

大島で唯一の医師、診療所勤務の魅力!

宗像大島にある唯一の医療機関(診療所)で勤務しています。大島の人口は約700人ほどで、福岡県内では最大の島です。2017年に世界遺産に登録されたこともあり、観光客も多く訪れます。
島に医師は1人であり、ほぼ24時間365日オンコール状態ですのでプレッシャーは大きいです。でも、島民はとても温かく、家族との時間もゆっくり取れるため、毎日が充実しています。
高血圧などの慢性疾患の管理を中心に、ケガなどの創傷処置、乳幼児の予防接種、児童の学校健診、住民への健康講座など幅広く活動しています。

島だからといって時代遅れの治療をおこなうことは許されず、最新の医療情報を元に患者さんに合わせた診療をおこなうよう心掛けています。幸いにもインターネット環境は整っており、国内だけでなく海外の文献なども参考にして診療しています。
先代Dr達が引き継いできた「自分の診療レベルが島の医療レベル」を胸に、これからも頑張っていきます!

私のやりがい!

  • 子どもから年配者まで、地域を丸ごと診ることができます。
  • 内科も整形も皮膚科もすべてが大切。興味は尽きません!
  • 島は日本の医療システムの縮図。行政など多くの機関と繋がりを持てます。
  • 朝は子どもと一緒に朝日を見に行き、昼は自宅(診療所近く)で家族とランチ&お昼寝、
    仕事後は家族で海まで散歩。仕事も家族も大切にできる充実した環境です。

今後の野望!!

仕事面で言えば、家庭医療を極めていきたいと考えています。地域はその最先端でもあり、ITを駆使しながら臨床だけでなく研究も進めていきたいです。また学生や研修医、その他コメディカルなどにも、地域医療の面白さを伝えていけるよう発信したいですね。プライベートでは、これからも家族との時間を大切に過ごしたいです。自分が頑張っている背中を間近に見せながら、いつか子ども達も地域医療に興味を持ってもらえたら嬉しいですね。
週間スケジュール
現在までのローテート

ページトップへ

専門 神経内科 稲石 佳子 Yoshiko Inaishi 長崎大学2008年卒/千鳥橋病院 地域包括ケア病棟〔医長代行〕 ● 日本内科学会/認定内科医 ● 日本神経学会/神経内科専門医

私にとって、ココが魅力!

私は、初期研修から千鳥橋病院で働いており、現在11年目の神経内科医です。5年目で結婚、昨年出産(当院で出産)し、娘は1歳になりました。現在、育休から復帰したところで、地域包括ケア病棟で仕事をしています。

初期研修を終えて、専門を神経内科にすることに決め、東京の病院で1年専門研修に行かせてもらい、神経内科の専門医を取得できました。また、診療所の副所長として1年間勤務していたこともあります。千鳥橋病院は、専門医の先生も多いですが、内科全般を診ることができるジェネラリストの方が多く、私も見習って内科全般をみることができるよう、研修をつんできました。まだまだ課題は多いですが、今後も患者さんを全人的に診ることができる医師を目指していきます。

当院は女性医師が多く、子育てについてもいろいろと相談ができます。また、院内保育所も有ります。子育てと仕事の両立は、大変なことも多いですが、みなさんに助けられながら、なんとかやっているところです。復帰してからは、子どもの急な病気で休むこともありますが、みなさんのサポートが本当に有り難いと思っています。

私のやりがい!

  • 専門医として他の医師から相談を受け、患者さんの役に立てたとき
  • 患者さんや家族から感謝されたとき

これからの私は…

外来診療(妊娠9ヶ月)
今後、ライフスタイルの変化で仕事の第一線から離れることもあるかもしれませんが、その時その時で自分に合ったスタイルで長く医師を続けていきたいです。また、私自身の子育てがひと段落したら、今度は私が子育て世代の先生たちを助ける側になりたいと考えています。 娘が大きくなった時に、仕事をしている姿をかっこいいと思ってもらえるようにがんばっていきたいと思います。

当院の医局は、その人らしい働き方を尊重し、仕事内容もカスタマイズが可能なので子育てを考えている女性医師にも、とても働きやすい環境だと思います。
週間スケジュール
現在までのローテート

ページトップへ