2015年10月アーカイブ

医系学生のみなさん、「KOMSA(九州沖縄医学生のつどい)」のお知らせです。


千鳥橋病院が所属する九州・沖縄の民医連では、毎年九州・沖縄の医学生が集まり、様々なテーマについて学び、交流をする医学生のつどい(KOMSAKyushu Okinawa Medical Students Association)を行っています。

今回で18回目を迎える今年は、「10年後の医療を考える」と題して、予防医療と地域包括ケアについて学びます。

参加費は無料です。2日間のうち、1日だけの参加も可能です。

興味・関心のある方は、どうぞお気軽にお問い合わせ、ご参加ください。


これまでのテーマ

2012年「基地問題について」(開催地:沖縄)

2013年「貧困とヘルスプロモーションについて」(開催地:福岡)

2014年「医療とパートナーシップについて」(開催地:宮崎)


日 時:10月24日(土)13:3025日(日)13:00

場 所:佐賀・川上峡温泉 ホテル龍登園 

            佐賀市大和町大字梅野120 TEL0952-62-3111

内 容:講演「家庭医・患者での視点で地域包括ケアを学ぶ」

           医学生持ち寄り企画「予防医療」

講 師:唐津市民病院 院長 大野毎子医師

            神野診療所  所長 香月彰夫医師 ほか

主 催:全日本民医連九州沖縄地方協議会


お問い合わせ・お申し込みは、千鳥橋病院 医学生課まで。

http://www.chidoribashi-resident.jp/toiawase/


○各大学の医系学生サポートセンター 

http://www.chidoribashi-resident.jp/igakusei/support.html





by chidoribashi

千鳥橋病院が所属するふくおか・さが民医連の九大医系学生サポートセンターでは、9月11日(金)サポートセンターを利用する学生の懇親会を行いました。

福大・久留米大・佐賀大の学生にも参加を呼びかけ、7名が参加しました。サポートセンターを利用し始めて間もない学生や、試験を終えたばかりの学生、卒試・国試を控え勉強を毎日頑張っている6年生もおり、悩みを共有したり、学生生活の話題で大いに盛り上がりました。また、千鳥橋病院から3名の医師が参加し、学生と交流を深めました。


10月に佐賀で開催予定の*KOMSAの主幹である佐賀大学6年生より、KOMSAのとりくみ状況の紹介や参加の呼びかけを行いました。KOMSAのことを初めて聞く学生もおり、説明を真剣に聞いている姿がありました。


懇親会では、各大学のサポートセンターから取り組みを報告してもらいました。他の大学でどんな学びや活動をしているのか交流する機会がありませんが、報告を聞いて他大学の活動に刺激を受けたようです。

2次会まで開催され学生同士の仲が深まりました。今後も福岡・佐賀民医連の仲間で交流し、学びと活動を深めていきます。


KOMSAとは、Kyushu Okinawa Medical Students Assosiation, 九州沖縄医学生のつどいの略で、九州・沖縄の医学生が集まり、様々なテーマについて学び、交流する企画です。今年のテーマは、「地域包括ケアと予防医療」について、1024日~25日に佐賀で開催されます。

詳細はこちら→


by chidoribashi