2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
カテゴリ
第9回目となります千鳥橋病院主催の女子会企画を開催します。ライフイベントが多い女性医師の働き方や活躍を実際に聞いてみませんか??医師だけでなく他大学の医学生とも交流してみませんか。
新型コロナウイルスの感染状況を鑑み、今回はオンラインで開催致します。ぜひ、ご参加お待ちしております。

日 時:2020年8月8日(土)WEB接続開始:13:30 開始:14:00
参加費:無料
対 象:医学部所属または医学部志望の学生、医師、医療関係者
方 法:WEBシステム「Zoom」
医 師:貞刈暢代医師(たたらリハビリテーション病院副院長)


―お問い合わせ―
〒812-8633 福岡市博多区千代5-18-1
福岡医療団 千鳥橋病院
Tel:092-651-2167(医局事務部直通)
mail:ch-igakusei@fid.jp

千鳥橋病院 医局事務部
臨床研修課 医学生担当 牛島まで

※参加申込み後、ZoomのURLをお送りします。
※パソコンの使用を推奨します。
※内容は変更する場合があります。
※申し込み締め切り8月1日(日)24:00まで

JOY×JOY~女子医学生×女性医師~2020年8月8日(土)申込フォーム


20200808JOY×JOYチラシ .jpg


by chidoribashi

こんにちは、医学生担当の砂川です。
今回は、医学生から寄せられた質問に、救急センター部長の佐々木隆志先生と同副部長の中司貴大先生にお答え頂きました!

Q.研修医にこれだけは習得してほしいというマインドはありますか?

佐々木先生:患者さん本人はもちろん、付き添いのご家族にも具体的できめ細やかな対応をとることが必要だと考えています。患者さんを帰すときには、帰宅後のケアの方法などをしっかりとナビゲーションする。診療中も、ご家族の方を放置せず、きちんと説明をする。救急搬送には大きな不安がつきまとうので、配慮を欠かさないことが大切です。

Q.どういう症例がきたら怖いですか?

中司先生:生命が危ぶまれているケースは、やはり緊張がはしります。とはいえ、私は毎日緊張しながら診療にあたっていますね。大きな責任が伴う分、ストレスの負荷も高いです。オンとオフをしっかり切り替えて、ストレスコントロールを大切にしています。

Q.救急で素早くオーダーを出すためには、どんな勉強をすればいいですか?国試対策の勉強をしっかりしていればできるようになるのでしょうか。不安です。

中司先生:うーん、私個人は学生時代にそんな勉強はしていなかったのですが...(笑)
教科書でみるような稀な疾患に遭遇することもありますが、コモンディジーズをしっかりおさえておくことは大切だと思います。一般的な臨床の場にどんな人たちが来るのかを知ることも、実践的な診療能力につながると思います。
おすすめの書籍は「レジデントノート」(羊土社)はどうでしょうか。実践的かつ入門的なので、とっつきやすいと思います。国試対策として効率的かというと、そうではない気がしますが、とても有用だと思います。

Q.患者さんから無茶な要求があったり、怒られたりした時、どのように対応していますか。

中司先生:心を落ち着けて、できること、できないことをしっかり説明するようにしています。すべての要求には応えられません。エネルギーは必要ですが、冷静に向き合うようにしています。


当院で働く医師・スタッフへの質問を募集しています!
下記までお気軽にご連絡ください。
メール:ch-igakusei@fid.jp
LINE ID:chidorisuna  千鳥橋病院 医学生担当 砂川

千鳥橋病院では、初期臨床研修オンライン説明会を行っています。
こちらから参加登録ができます。


by chidoribashi | トラックバック(0)

こんにちは!医学生担当の牛島です。

オンラインによる研修説明会を開催します。

個別によるWEBでの説明会です。お気軽にお申し込み下さい。

0001.jpgのサムネイル画像





















日 時 月曜日~金曜日10時~18時 ※18時以降でも対応可能です。ご相談下さい。
     土曜日:10時~13時
     ※所要時間は30分から1時間を予定

内 容 研修説明・研修医とフリートーク!質問タイム!

対 象 医学部医学科学生(低学年可)

方 法 オンライン会議システム「Zoom」を活用
            ※カメラとマイクが内蔵されたノートPCでの参加をお勧めします。
      ※事前のダウンロードは不要。簡単操作でアクセスできます。
      ※その他のシステム希望の方はご相談下さい。
      ※参加申込み後、招待URLをメールにてお送りします。
      ※Wifiなどネット通信環境をご確認下さい。    

申込み 申込みフォームより、必ずご希望日の3日前までにお申し込み下さい。

その他 服装は、スーツでなくて構いません。私服でご参加下さい。

申込みフォーム お申込みはこちらをクリック!

-お問い合わせ-
福岡医療団 千鳥橋病院
TEL :092-651-2167  MAIL:ch-igakusei@fid.jp
医局事務部 臨床研修課 医学生担当 砂川・牛島





by chidoribashi


こんにちは、医学生担当の牛島です!

以前もブログで紹介したフィットネスのトレーナーの方々に学生さん向け筋トレメニュー動画を作成していただきました!!
ぜひ、実践してみて下さいね♪

こちらからYouTubeでご覧いただけます。



by chidoribashi | トラックバック(0)

こんにちは、医学生担当の砂川です。
今回は、千鳥橋病院のERを紹介していきます。

20200601ブログ写真①.jpgのサムネイル画像

この日、ER研修初日を迎えた1年目の松永先生(写真右)
『京都ERポケットブック』(医学書院)を携え準備万端です。
当院の初期研修では、医師として臨床現場に立つ前に2日間のER看護研修を行っています。
看護研修でお世話になったER師長(写真中央)からあたたかい激励を受けています。

20200601ブログ写真②.jpgのサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像

ハートフルな雰囲気も束の間、急患です。
救急センター部長と上級医に見守られながら、外傷の処置を行う松永先生(写真左)。
初日なのでさぞ緊張しているだろうと思っていましたが、落ち着いています。
ゆっくりと丁寧な口調で、外傷を負った状況を患者さんに確認していきます。
上級医と相談しながらオーダーを出し、看護師との連携で処置も無事に終了しました。
松永先生、お疲れさまでした!

20200601ブログ写真③.jpg

当院のERは、3,4人の医師により、24時間体制で2次救急医療に携わっています。各科と連携し、急性心筋梗塞に対する救急PCIや消化管出血に対する緊急内視鏡治療、急性腹症をはじめとする各種緊急手術の初療に対応しています。
年間の救急車搬入台数は3,066台(18年度)、1日平均で8.4台/日となり、福岡市内搬送数の3.3%を担っています。

千鳥橋病院のERの特徴について、救急センター部長の佐々木隆志先生に話を伺いました。

佐々木先生:福岡医療団の医療と福祉のネットワークは、県内の広いエリアに展開しています。そのため、他の院所・診療所から緊急で当院のERに搬入されることが多々あります。救急車の搬入台数を上回る日もあるので、地域医療への応需は単に台数では計り知れないところがあります。
身体問題だけでなく、様々な心理・社会背景を抱え受診に至るケースもあります。経済的理由により、医療費の支払いが難しく適切な医療を受けられずに病状が悪化し、救急車で来院される場合もあります。

当院の救急研修プログラムでは、2年間を通じて原則として週に1単位以上のER研修を行います。また、最初にER看護研修を行い、ERでの他職種の動き、診療の手順、診療材料の保管場所などを学びます。

次回は、医学生から寄せられた質問にERのベテラン医師がお答えします!

千鳥橋病院では、初期臨床研修オンライン説明会を行っています。
こちらから参加登録ができます。お気軽にお申し込みください。









by chidoribashi | トラックバック(0)

学べば学ぶほど、自分が何も知らなかった事に気づく、気づけば気づくほどまた学びたくなる
byアインシュタイン(1879-1955)

皆さんこんにちは!
医学生担当の牛島です。

前回に引き続き研修医インタビューです!今回は、チームカンファについて聞いて来ました!現在、1年目研修医は3名ずつの2チームに分かれて研修を行っています。週に1度、チーム毎に研修医が持ち患者さんについてプレゼンをし、指導医と共にカンファレンスを行っています。

山口先生:具体的なフィードバックがもらえることで次にどうすれば良いか考えやすいです。和やかな雰囲気ですが甘い指導だとは思いません。

松永先生:患者さんへの問診、鑑別など多くの先生方から指導していただけるので緊張感を持ってプレゼンする良い機会です。知識だけでなくプレゼンの作法、画像を読む際の作法なども教わります。

古月先生:プレゼンでなかなか厳しい指摘を受けましたが今後どうすればいいかのアドバイスもくれるのでやりがいがあります。来週のカンファではもっと良い発表を!

谷口先生:毎週、担当患者さんのプレゼンをしていますが自分が疑問にすら思わなかったことを指摘いただいて勉強不足であることを実感しています。患者さんの病状だけでなく患者さんの生活背景なども含めて今後の方針を考えるのは大変ですが勉強になります。

伊佐先生:分かりやすく人に伝える難しさを毎週痛感しています。早く上手にプレゼンできるようになりたいです。

次回もお楽しみに!
by chidoribashi | トラックバック(0)

Fifteen minutes at the bedside is better than three hours at the desk.
3時間机で勉強するよりもベッドサイドの15分が勝る
By ウイリアム・オスラー(1849-1919)

皆さんこんにちは!
医学生担当の牛島です。

続きましては、ベッドサイドティーチング(院長回診)について聞いて来ました!
当院では、研修の一環として山本院長(総合内科)と研修医で回診を行っています。

山口先生:患者さんを全体から捉える見方を教えてもらっています。質問に答えられたら心の中でガッツポーズしてます。

松永先生:疾患に対するアプローチ、身体診療の取り方(意義)、患者さんとのコミュニケーションなど自分になかった観点から論理的に解説してもらえるので目から鱗の内容なのにスッと頭に入ってきます。

古月先生:身体診察がとても勉強になります。聴診や触診のコツを教わりました。力量の差が大きいので多くこなして上達を目指します。

畠中先生:認知症で会話もおぼつかない患者さんからいかに医学的所見をとるかを教わりました。ベッドが柔らかすぎて十分に動けていないとの指摘は目から鱗でした。

谷口先生:考え方などとても勉強になります。研修医の担当する患者さんを診るので同期が今どんな患者さんと向き合っているか知ることが出来ますし、自分が担当している患者さんについてどういった診察をしていくのか知ることができます。

伊佐先生:毎回、圧倒的な知識と診察方法の引き出しの多さにただただ驚くばかりです。教えて頂いたことをしっかり吸収していきたいと思います。



0E9179F6-3E58-43F4-9257-536971B898D0.jpeg
B07B1431-73D5-419C-9FC4-6383CA63F24E.jpegのサムネイル画像











写真は、回診の様子です。次回もお楽しみに!



by chidoribashi | トラックバック(0)

どんなに簡単な技術でも、
練習をせずに習得することは出来ない。
逆にどんなに難しいものでも、繰り返し練習すれば、
誰でも身につけることが可能なのである。
By サミュエル・スマイルズ(1812-1904)

皆さんこんにちは!
医学生担当の牛島です。

前回に引き続き研修医インタビューです!今回は、手技について聞いて来ました!

山口先生:採血がほとんどです。まだまだ緊張します。

松永先生:チャンスがたくさんありレジルーム(研修医の部屋)にはシュミレーターもあるため、やる気さえあればメキメキ上手になると思う。他職種の方からもフィードバックしてもらえるので細かな点まで気を配れるようになります。

古月先生:動脈採血が出来るようになりました。次は、腹腔穿刺と中心静脈路確保に挑戦します。

畠中先生:基本的な手技は、定期的に実践の機会が設けられており、応用的な手技は適宜見学に呼んでもらえるので助かっています。

谷口先生:動脈採血・静脈採血を経験しました。患者さんの採血は慣れていなくて緊張しますがたくさん経験して1人でも自信をもってできるようになりたいです。中心静脈カテーテル挿入や担当患者さんのエコーも積極的に見学に行き、たくさん学ばせていただいています。

伊佐先生:なかなかまだ出来ていませんが準備をしっかりしておきたいと思います。

次回もお楽しみに!
by chidoribashi | トラックバック(0)

皆さんこんにちは!
医学生担当の牛島です。

研修医1年目の病棟での研修が始まりはや2週間が経ちました!
そんな研修医にインタビューしてきましたのでご紹介します。

Q 病棟での研修が始まって2週間経ちましたが指導医や上級医、他職種との関係はどうですか?

松永先生:(指導医に関して)疾患についての指導はもちろん患者さんへの説明やコミュニケーションに困ったときも適切な指導をいただけます。アドバイスを頂き手本を見せてもらった上で見守ってもらって実践したりとフォローが万全なので思い切って動けます。
(他職種に関して)広く浅い知識しかない研修医に各分野のプロとして指導していただけます。知ろうとすればするほど興味深い内容ばかりです。

畠中先生:どの先生も大変丁寧に指導してくれるので安心して研修に取り組めます。
電子カルテで作業する際も必要な時は、真横で指導してくれるので間違わず混乱も少ないため覚えが早くなっているように感じます。

古月先生:分からないことが多く困る事態に陥ってもみなさん優しく教えてくれます。とても助かっています。

山口先生:診察や手技、各種オーダーなど優しく教えてもらっています。看護師さんやリハビリスタッフの方から患者さんの様子を聞いたり、生理機能検査について技師さんに教えてもらったりと医師以外の方にも優しく教えてもらっています。

谷口先生:たくさん気にかけてくださり、分からないことをすぐに質問できる環境にとても感謝しています。

伊佐先生:指導医の先生をはじめ、全てのスタッフの方がやさしく迎えてくれて感謝しています。


EFF8E657-533F-495C-83A3-D255B2BF7C26.jpeg










写真は、導入期終了時の菊池先生(3年目・総合内科)との振り返りの様子。

次回は、手技についてです!お楽しみに!



by chidoribashi | トラックバック(0)


こんにちは。

医学生担当の牛島です。
今回は、前回紹介した茹で鶏の茹で汁を使ったスープの紹介です。


【鶏だしのスープ】1人分8kcal 塩分0.7g

■材料(4人分)

・茹で汁   ・・・500g
・えのき茸    ・・・80g
・小ネギ   ・・・20g
・薄口醤油  ・・・18g(大さじ1)
 
■作り方
① えのき茸は石づきを落として半分に切る。小ネギは小口切りにしておく。
② 鍋に茹で汁を入れて火にかけ、沸騰してきたらえのき茸を入れるあくが出てきたら取る。
③ ひと煮立ちしたら薄口醤油を加えて混ぜ、汁椀に盛って小ネギを散らす。


ご飯と卵をいれて雑炊にしても美味しそうです、、
ぜひ、みなさん作ってみてくださいね。

by chidoribashi | トラックバック(0)