2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
千鳥橋病院では、医学部を目指す高校2・3年生、予備校生を対象に、夏休み一日医師体験を開催いたします。
日 程:2019年8月7日(水)・8月14日(水)
時 間:10:00~15:00(予定) 
参加対象:医学部を目指す高校2・3年生、予備校生
定 員:20名(定員を超えた場合はお断りする場合があります)
参加費:無料
※定員に達したためお申込みを締切りました。

【一日医師体験ご参加の方へ】
当日は、千鳥橋病院東館1階(チラシ写真の建物)にご集合ください。
*昼食はお弁当を用意しています。食べ物アレルギーがある方は、事前にお申し出ください。
*高校生の方は制服でお越しください。
*筆記用具をご持参ください。

千鳥橋病院>研修医・医学生のページ>一日医師体験(地図)

<お申込み・お問合せ>
福岡医療団 千鳥橋病院 医局事務部
〒812-8633 福岡市博多区千代 5-18-1
Tel:092-651-2167(医局直通) Fax:092-651-3386
mail:ch-igakusei@fid.jp

2019夏休み一日医師体験 案内.jpg
by chidoribashi
1年目研修医が導入期内科研修で、初めての胸腔穿刺を行いました。
研修医と指導をした上級医、看護師の声です。

研修医:はじめての手技でしたが、指導医の先生の的確なアドバイス、看護師さんの温かいサポートでしっかりと行うことができました!これからもできる事を増やしていきたいです! 」

IMG_①7321.JPG

看護師:「スムーズに胸腔穿刺も終わり、すごく冷静な研修医だと思いきや穿刺後のグローブの中が手汗で・・・。とても、緊張していたことが伝わりました。患者さんは「とても楽になった」と喜んでいます。お疲れさまでした!」


IMG_②7320.JPG

 
上級医:「初めての胸腔穿刺で緊張したようですが、患者さんには丁寧に接しており安心できました。手技の勉強をしっかりおこない、何度もシミュレーションしていた結果だと思います。今回の経験で学んだことをフィードバックし、次に繋げていきましょう!」


IMG_③7318.JPG



導入期内科研修では、研修医が相談しやすい環境が整っており、医師や看護師・コメディカルスタッフがとても熱心に指導してくれます。
一般的な手技や回診・カンファなど安心して実施できる環境なので研修に専念できています。
千鳥橋病院での実習・見学お問合せはこちらからどうぞ。





by chidoribashi
千鳥橋病院では、2019年春休み一日医師体験を開催いたします。
医学部を目指す高校新3年生を対象としています。
皆様お誘いあわせのうえ、お越しください。

日程:2019年3月20日(水)・3月27日(水)
時間:10:00~15:00(予定) 
参加資格:医学部を目指す新3年生対象
定員:20名(定員を超えた場合はお断りする場合があります)
参加費:無料
*お昼ご飯はお弁当を用意しています。
*学校の制服でおこしください。
*筆記用具をご持参ください。

<お申込み・お問合せ>
福岡医療団 千鳥橋病院 医局事務部
〒812-8633 福岡市博多区千代 5-18-1
Tel:092-651-2167(医局直通) 
Fax:092-651-3386
mail:ch-igakusei@fid.jp

千鳥橋病院>研修医・医学生のページ>一日医師体験

ishitaiken spring2019.jpgのサムネイル画像

by chidoribashi
千鳥橋病院に勤務する女性医師と女子医学生の皆さんとの懇談と交流イベント、
JOY×JOY~女子医学生×女性医師~を開催します。

日 時:2019年3月16日(土)16:00~17:30
場 所:AQUA博多B会議室(福岡市中央区中洲5丁目3-8)
参加費:無料
対 象:医学科に所属または進学予定の学生・医師

第1部 講演「地域医療(仮)」
        講師:稲石佳子 医師(神経内科)

第2部 ワールドカフェ「私のライフプランニング」
   ・島 知江 医師(乳腺内科)
   ・稲石佳子 医師(神経内科)
   ・花山 愛 医師(消化器内科)
   ・緑 春奈 医師(総合診療科)
   ・菊池伊織 医師(初期研修医)

第3部 交流会 18:00~20:00
    場所:中州川端駅周辺

<お問い合わせ・お申込み>
千鳥橋病院 医局事務部
812-8633 福岡市博多区千代5-18-1
TEL:092-651-2167(直通)
MAIL:ch-igakusei@fid.jp


締切:2019年3月10日(日)
申込みフォームはこちら

2019年JOY×JOYチラシ.jpg


by chidoribashi
ふくおか健康友の会のマーガレット班会・パピヨン班会に11月28日(水)・12月5日(水)、
研修医がそれぞれ参加しました。

 
hankai1.jpg



hankai2.jpg
恒例の脳トレクイズではみなさん頭を悩ませました。



hankai3.jpg
 一緒にお昼ご飯を食べながら、インフルエンザや体調の不安等の質問に研修医が答えました。


「昔どんな仕事をされていたのですか?」
「皆さんの元気の秘訣は何ですか?」など、
研修医からも質問し、話に花が咲きました。


今年も地域のみなさんにお世話になります。
よろしくお願いします。

by chidoribashi
11月30日(金)~12月1日(土)に全日本民医連の臨床研修交流集会に参加し、ポスターセッションで当院からは3演題を発表しました。
記念講演や分科会、シンポジウムもあり、全国さまざまな民医連事業所の取り組みを知り、将来目指す医師像を考え、同世代の研修医と交流する機会となりました。


発表演題

「原水爆禁止世界大会 in HIROSHIMA  ~千鳥橋病院での平和活動~」
1年目研修医 中尾Dr.・菊池Dr.・駒井Dr. 
 
Nakao Dr.jpg


[ホームレス医療支援」
1年目研修医 大庭Dr.
大庭Dr.jpg



「青年医師交流集会の取り組み~全日本から九州・沖縄地協の企画へ~」
研修担当事務 
ブログ用写真.png



News1980104g.jpg


by chidoribashi

2018年11月10日(土)~11月11日(日)に、九州沖縄地協主催の青年医師交流集会が朝倉で開催されました。
今年度は福岡が主催担当ということで、大手町病院・米の山病院・千鳥橋病院3法人で実行委員会を立ち上げ、「慢性期医療と急性期医療の橋渡し」というテーマで準備してきました。

当院からは嘉藤先生、川本先生が実行委員として参加し、事前準備から当日の運営まで青年医師らが主体となって、企画を作り上げました。

seinen Dr 3.png

当日は、慢性期と急性期各フィールドからの講師を招いたシンポジウムや、認知症についての記念講演、入職年別の懇談などの企画を設け、
①学習や講演を通して医師としてのスキルアップを図る
②九沖地協内の青年医師の親睦と交流を図る   
という目標を達成する事が出来ました。

seinen Dr1.png
seinen Dr .2.png
シンポジスト
大手町リハビリテーション病院 院長 増田裕幸先生
千鳥橋病院 病棟医長 稲石佳子先生
みさき病院 院長 田中清貴先生
神野診療所 所長 香月彰夫先生
seinen dr 4.png




seinen5.png
当院からは稲石先生が、須恵診療所での経験を語られました。




~参加者からの感想抜粋~
• 急性期しかまだ経験していないので、慢性期について知ることが出来た。
• 初期の内に慢性期を学びたいと思った。
• 診療所の取り組みが参考になった。
• 認知症のイメージが変わった。
• 妄想は事実から生まれるということが興味深かった。
• 他院の同期と久しぶりに会い、悩みを共有して安心した。
• 同期が頑張っている話を聞き、刺激になった。
• 他県のいろんな年代の医師とつながりができた。
• 病院から離れ、リフレッシュできた。


seinen6.png
懇親会では毎年恒例ご当地お絵描き伝言ゲームで盛り上がりました。



2日目のフィールドワークでは、
九州北部豪雨で被災した養蜂場で
朝倉の復興についての講話をして頂きました。

seinen7.png
seinen8.png

また来年も若手医師が学び合い、交流できる場を企画します!





青年医師交流集会朝倉.jpg


by chidoribashi
by chidoribashi
恒例となりました第6回女子会企画を開催します!
ライフイベントが多い女性医師の働き方や現場でのお話をを実際に聞いてみませんか??今回は、5名もの女性医師をお呼びして普段聞けない医師として母としての話などなど座談会方式でお話していただきます。
また、第1部では研修医の菊池先生より国試対策についてお話ししますよ~!ぜひ、ご参加ください。


JOY×JOY~女子医学生×女性医師~

日 時:2018年9月1日(土)
    開場:15:30 開始:16:00
場 所:AQUA博多 B会議室
    (福岡市博多区中洲5丁目3-8)
    中洲川端駅2番出口より徒歩2分

第一部「直伝!国試勉強法!」講師:菊池伊織(初期研修医)
第二部 クロストーク
   「私のライフプランニング」
    ●  安岡 栄美医師(麻酔科手術室医長)
    ●  川野 紀子医師(消化器内科内視鏡担当医長)
    ●  稲石 佳子医師(地域包括ケア病棟副医長)
    ●  緑      春奈医師(総合内科スタッフ)
    ●  菊池 伊織医師(初期研修医)
第三部 懇親会


【申し込みフォーム】

※対象者;医学科に所属している女子医学生、職員
※内容は変更する場合があります
※申し込み締め切り8月24日(金)まで
女子会チラシ.jpg

ーお問い合わせー
〒812-8633 福岡市博多区千代5-18-1
福岡医療団千鳥橋病院
Tel:092-651-2167(医局事務部 直通)
mail:ch-igakusei@fid.jp

千鳥橋病院 医局事務部
 臨床研修課 医学生担当 牛島まで
by chidoribashi
いざゆけ若鳥軍団 其弐拾六


読者みなさん、猛暑が続いていますが、体調など崩されていませんか?
蝉がミンミン泣き今年も夏がやって参りました。
どうも、管理人のむらいえです。

ワールドカップのせいもあり6.7月は日本中がサッカーに湧きましたね。個人的には、このサッカーブームが継続して、J リーグも盛り上がって欲しいと思います。特に、サガン鳥栖にフェルナンドトーレス、ヴィッセル神戸にイニエスタと、スペイン王国(元祖、無敵艦隊)のスター2人がやってきます。どれくらい凄いかというと『イニエスタが日本のJリーグに来る衝撃をサッカー知らない人のために説明すると、テラスハウス軽井沢編にトム・クルーズとブラッドピッドが入居してくる感じです。』
こんな表現が、ツイッターにありましたので引用させて頂きます。(笑)
なので、是非!Jリーグを盛り上げていきましょう!



さて、本題に入りますが、
今回は「②5~7月導入期内科研修(総合内科)編」
をお送りしたいと思います。

前回のブログで少し書きましたが、この3ヶ月は2つのチームに分かれてシニア医師が上に付く、屋根瓦スタイルで行われました。
チーム編成は以下の通りです。

チーム緑(5年目Dr.)•川田(4年目 Dr.)に家村、山下

チーム野中(5年目 Dr.)•安里(4年目 Dr.)に小野、高橋

このチームで導入期研修のスタートを切りました。



5月の1ヶ月間は、自分達が思っている以上に何も出来なくて、色々な事をシニアの先生方から教えて頂きました。
採血やCVC挿入など基本的手技から、報・連・相の大切さ、コメディカルとのコミュニケーション術など多岐にわたりましたが、もう、ガムシャラに吸収しようと頑張りました。正直この1ヶ月が1番キツイものでした。「先生」と言われる違和感を感じながらも、必死にくらいつきました。

 
26-6 (6).jpg



6月はみんな少しずつ仕事にも慣れてきて、仕事のスピード、正確性も少しずつ上がって来ました。
与えられたものを考える→自分で考えてアセスメントと考察していく
この一連の流れが大切とシニアの先生方に教わりました。正直、この時期はみんな疲れもあり、若干疲弊していました。だけど、チームで飲み会したり、同期で飲みに行ったりして、お互いを鼓舞しながら頑張りました。この時期は、本当に同期や先輩方とよく飲みに行ったりしました。(わりかし、みんな本音を話していました)そうこうしているうちに、6月も終わってしまいます。

 
26-6 (5).jpg



そして、残り1ヶ月となった、7月は自主性を求められました。この時期になると、シニアの先生達が手取り足とり教えてくれる事は少なくなってきました。自分なりのアセスメントをして、診療プランを考えて、それを相談して実践していく。何を考えて良いかすら分からず、戸惑いもありました。重症な患者さんや、家族対応が難しい患者さんもいました。だけど、その中で確かな力が付いてきているのは、みんな薄々実感していました。カンファレンスでも求められるものも多くなり、ただ発表するだけのカンファレンスから、みんなでアイディアを出し合うようなものに少しずつ近づいていったような気がします。

 
26-6 (4).jpg


この3ヶ月は本当に激動の日々でしたが、今の研修医2年目の確かなる基礎を築いた時期だったと、断言できます。
そして、この導入期研修は千鳥橋病院での初期研修のウリの1つだと思います(学ぶ事が本当に多い、宣伝)

最後に、3ヶ月の研修が終わったあと、お世話になった先生方と研修担当事務の方と同期で唐津に1泊2日で打ち上げ旅行にいきました!解放感や達成感は半端なかったです。

  

 
26-6 (3).jpg
26-6 (2).jpg
26-6 (1).jpg

長くなりましたが、これで導入期の振り返りを終わります!

少し間隔を短めにして、また投稿していきます。次回をお楽しみに!ではでは!

by chidoribashi